ぴょん記

上古文学、外国語、数学、調理、編みもの、縫いもの、競争法

雨の一日

 水曜日は、午前中から雨が降り始め、気温が少しずつ下がっていった。ネットスーパーや宅配便、食品配達の人たちもそれぞれ肩口を湿らせてやってきた。タオルをお使いになるかと尋ねてみるものの、いや、大丈夫ですと一様に謝絶される。まあ、一般家庭のタオルなど、よそのうちのお母さんがむすんだにぎりめし程度には距離を置きたいものかもしれない。わたしは、家庭教師でいろんなおうちでおむすびを出されてはなんの考えもなくおいしくいただいてきたので、自分のうちの人以外が触れたおむすびは、市販のものを除いて食べないという気持ちをしばらくわからずにいた。また、遠慮ということもある。差し出されたタオルで雨粒を払ったら、そのあと、そのタオルは洗濯されるだろうからその手間を掛けるのは忍びないという、遠慮。

 九州から恵比寿南瓜と饅頭が届く予定だったけど、遅くなりそうなので受取は木曜に回した。饅頭を蒸かして、夕餉の主食に据えようという目論見は潰えて、17時過ぎてから、30分浸水の倍速モードでめしを炊いた。うちの松下製のIH炊飯ジャーは20年選手で内釜は2個目だけど、やるときはやる、頼りになるひとなのである。

 おかずは、人参と鶏肉、蒟蒻、万願寺唐辛子、小松菜を煮合わせた。すでによい年なので、塩気を加えるときは、つい臆病になる。醤油がなかなか減らない。これに対して、塩は、胡瓜を塩もみしたり、青菜を茹でたりするので、順調に減っていく。調理だけでなく、茶渋など付いたら粗塩を少し振って水をごく少量加えて擦れば、重曹を出すまでもなくきれいになる。なんやかや並べて夕餉を済ませたあと、柿とプリンを食べた。柿は、2個届いたうちの1個が熟柿だったので、慎重に割って、スプーンで掬うようにして食べた。おいしかった。のちに、パウンドケーキと梨も食べた。梨はひとり1個ずつ。さきほどよい年と書いたが、年齢の割には、野菜や果物をたくさん摂る。

 前の長期入院時、ついに病棟の外に出てはいけないと主治医からいわれてしまった。病棟内にシアトル系コーヒーの店や大きな売店はあった。しかし、売られている果物は、カットされて皮を剥かれたごく少量のもので、それが小さな林檎半個分で200円くらいする。大学医学部の附属病院だったから、敷地内には学生さんのためのコンビニエンスストアが幾つもあり、そのひとつでは林檎や蜜柑が安価に売られていた。でも、病棟を出て歩いて3分で着けるそのコンビニエンスストアにすら、わたしは出掛けることを禁じられていた。林檎や蜜柑が食べられないからといって、ただちに健康を害するほどわたしは繊細ではないし、そもそもすでに健康を害しているからこそ長期入院を余儀なくされているわけだが、それにしても、林檎や蜜柑が恋しかった。以来、退院してからも、点滴療法や目の手術などで何回も短期の入院を繰り返したが、いつも生野菜と小さな瓶に入ったドレッシング、果物や果汁を数種、忘れずに持参するように心懸けていた。肌着は足りなくなったら売店で買い足せばいいが、なまの果物はなかなか手に入らないから。

 零時過ぎに塒に入った。前の晩に果実酒を炭酸水で割ったのを飲んで寝たけれど、今度は炭酸水だけ。静かな夜で、寝しなに机に向かっていたら、炭酸の抜けるしゅうしゅうという音が大きく聞こえた。

 ……ほどほどよく眠れた。

 

シュンポシオン(新潮文庫)

シュンポシオン(新潮文庫)

 

  1988年に文庫本が出たというけれど、手に取ったことはない。わたしがもっているのは、古本屋さんで買った単行本。

 

我らが少女A

我らが少女A

 

  富山の走るお兄様のご紹介で。映画『マークスの山』では、合田雄一郎を中井貴一さんが演じていて、森義孝は西島秀俊さんだった。1995年公開。

とうとう、寝酒

 このごろ自分の塒で眠っても、すぐに厭な感じで目が覚めてしまう。火曜の未明など、4、5回は、眠っては起きるのを繰り返した。「つらい」「悲しい」ではなく、「厭な」感じ。脳の中で、なにかしらの人体成分を手軽にマッピングする技術が実用化されたあとなら、ぜひ同じ状態が発生するのを回避してほしいものだけど、現代の医学ではそれは望むべくもない。だから、なにか別に策を講じることにした。

 歌のタイトルにあるように「心臓を捧げよ!」ではなく、「肝臓を差し出せ……。」なのだけど、寝酒に少しだけ果実酒を呷ってみた。台所のいちばん手近なところにあったプラムの瓶を開けてみても、漬け込んだ果実の香りしかしないので、夫に、どんなもんでがしょと一口勧めてみた。ほとんどアルコールは飛んでいるんじゃないかね、と言う。そこで、小さな果実酒用のレードルで2掬いとって、冷えた炭酸水で割って飲んでみた。甘い。しばらくするとほかほかしてきた。みると、アルコール分解酵素をたくさんはもっていない人の顔が赤い。それも、かなり赤い。結論として、このプラムの焼酎漬けは、まだアルコール分がかなり残っているということになった。

 毎日のんでいるたくさんの薬のため、肝臓を労る必要があり、酔うほど飲めなくなってもう何年にもなるけれど、たまに寝酒で一口二口ぐらい飲むぶんには構わないらしい。

 

天然生活 2019年11月号

天然生活 2019年11月号

 

  アマゾンで予約注文。920円だった。

ごく部分的に「断水」

 今朝、洗濯機で予洗を済ませ、本洗いに移って数分経ったころ、管理会社の人の来訪。予定通り、ただいまから本日n時まで某階居室において排水管の取替を行うので、台所、洗面所、風呂の水をn時まで排水しないように、と宣う。かれは「予定通り」といったが、こちらさまにはまったくの寝耳に水である。

 そのような通知、見ていないと、一旦は言ったものの、どのみち、排水管の取替はしなければならないのだ。伝令が下の階まで順次行き着くまでの猶予を願って、急いで洗濯とバスタブの掃除をした。洗濯はともかく、なぜバスタブの掃除かというと、その時点でバスタブの残り湯は少ししかない状態で、きれいにしたバスタブに水を満たしておかないと、地震が起こって水道が止まったとき、トイレの排水が困るから。この区は、水浸しになったら全区民とも区外避難、地震ならば原則自宅待機という試される埋立地なので、高層階は特にもしもの場合に備えて常にバスタブに水を張っておかねばならない。

 トイレにいって石鹸で手を洗って、それをすすぐ水をきれいな状態で確保することを思うと、いきおい、水分の摂取も控えめになる。結局、午前中は、机にぺったりと貼り付いて過ごした。おかげでかなり干涸らびた。蛇口を捻れば水は出るけど、下水口へは流せないというのもなかなか困る。

f:id:e_pyonpyon21:20190917165253j:plain

すき家の中盛は、面白いかたちの丼に

 

『人間失格 太宰治と3人の女たち』

 観たい映画すべて封切直後に観られるわけではないけれど、今回はなんとかなりそうだったので、この夏2本めの蜷川実花監督作品。しあわせの赤や桃から、喀血の鮮やかな赤、降り積む雪の白、そして、暗い青と黒へと、色彩が津島修治の晩年を包み込む。途中で、大蔵省を辞める前の青年作家三島由紀夫が出てきて*1、演じるのが高良健吾だったのが、うれしかった。

ningenshikkaku-movie.com

 

進撃の巨人(29) (講談社コミックス)

進撃の巨人(29) (講談社コミックス)

 

  『進撃の巨人』の本編のストーリーは、だいたい把握できたと思う。ただし、本編だけみても、回収されない伏線にもっと深い事情を隠していそうな登場人物などが多々含まれており、今後数十年にわたって創作の源泉として、著作権者と版元の優良なhidden assets でありつづけることだろう。

*1:映画サイトの人物紹介では「21歳の学生のころ」とあるけれども。

新栗入り赤飯の夕べ

 きのう半日出掛けて遊んだので、きょうは朝のうちに洗濯をして、魚を買いにイオンまで歩いた。秋刀魚は、細いのが1尾170円で、食べるのがかわいそうになるほど。戻りがつをの背側とサーモントラウトのさくを買った。帰宅して、栗を剥いて貰いながら、小豆を茹でて餅米の半分入った米をうるかした。栗ごはんに小豆が入っていてもなおのことおいしいだろうから結構じゃないかと赤い栗めし。

 

  こういう啓蒙書を繙くと、世の中にはまだまだ面白い知るべきことが山ほどあるとわりとすぐ気付く。元気が出ないときには、早めに専門外の興味のもてそうな軽い本を手に取ること。

『プライベート・ウォー』

 ずっと他者との軋轢が甚だしい環境を生きてきた。トラブルの原因は本来ならばいてはいけないところに自分がいるせいだと割り切って、揉めそうになる前に身を躱す習慣をつけてきた。理屈でいえば自分が譲るべきではないときでさえ、なぜか係争の相手方が庇われる。なぜか。あえていえば、たいていは、「わたし」よりも相手方のほうが好まれているからだ。その好悪に基づく不公正を組織なり個人なりのうちにみるくらいならはじめから争わないほうがいい。

 不公正の行われる場所が、学校や職場なら、まだいい。やめてほかへいくことができる。しかし、それが家族ならば?いずれ出て行くしかない、そうはじめて思ったのは、七つか八つのときだった。といっても、まだ、「わたし」には、逃げていく先がたくさんあった。

 それはさておき、国家という大きなイエが、国民という構成単位に向かって牙を剥いてきたとき、ふつうの市民、町や村を形作るひとりひとりは、なすすべもなく爆撃され掠奪され殺害されて埋められる。逃げ場のない暴力の前に長期間晒されて、少年は恐怖のために声を奪われ、母親の乳は止まって幼子は飢える。戦場を遠く離れた繁栄のなかに暮らす人々が、知らないことあるいは知らない顔でいることを練達の記者が現地から命懸けで伝える。記者も、左目の視力を失い、こころの平衡も崩れていく。それでも、また、戦場へ飛び込んでいく。

privatewar.jp

f:id:e_pyonpyon21:20190914185439j:plain

タルタルソースもおいしかった。

 

シミシミ健康帖

 ろくに緑黄色野菜を摂らなかった期間が数日続いて、まず、指先にささくれができた。とても小さいけれど、これが滅法痛い。髪の毛を洗うのもタオルドライをするときに軽く指で梳くのもつらい。しかたないので、爪切りでこわごわと剥けて飛び出した皮膚の部分をカットする。夏場なのにささくれ。元気なときにはおよそ起こらなかった現象だ。たぶん、多量の服薬のために身体の中で何かが健康体のときよりも余分に代謝されて、玉突きでささくれができたのだ。……推理する前に、まず、人参と小松菜、菠薐草たべろという話だけど。

 袋麺で味噌ラーメンを作るとき、豚肉とキャベツと万願寺唐辛子を別に炒めておいて茹でたラーメンの上に置く。葱も刻む。万願寺唐辛子、わたしは、ざくざく切って種ごとスキレットで強火で焼いて、濃いめの塩水を焼き上がりにじゅっと振りかけて食べるのが好き。しかし、家中に種を憎む者がいるので、その者のためには、青唐辛子を洗って割って種を取って、丁寧に炒めなければならない。あの多めの種が旨いんだようと説得することはしない。限りある命あるうち、青唐辛子の食べ方くらいは好きにしてもいいと思うから。

 ある総合誌の仕事特集、届いてから、しばらく置いて読んで、索漠たる気分になった。あの女性漫画家さんを取り上げたのはは、いい。おもしろかった。でも、どうかねえというページも多々あった。

f:id:e_pyonpyon21:20190604201930j:plain

刺身をたくさん食べるのも、体力勝負。