ぴょん記

さつまいも、たべたい。

昨日は安倍元首相の国葬だった

 7月17日だったか、祇園祭の前祭の山鉾巡行の日、わたしは、奈良国立博物館の展示をみるために、京都駅から近鉄線で奈良へ向かった。途中、大和西大寺駅に停車したが、駅前ロータリーで安倍元首相が遭難したことを思って厳粛な気持ちになった。その後、近鉄奈良駅に着き、奈良博へのバスに乗ったつもりが、なぜかバスはいろんなところに寄りながら、大和西大寺駅で全員降ろされてしまった。しばらく待っていたらまた近鉄奈良駅に戻るからと運転手さんにいわれて、わたしは、おとなしくとても暑い正午近い晴天のロータリーのバス待ちの列に連なった。

 そのロータリーは、狙撃事件が起こった側とは反対側だったので閑散としていたが、バス停のそばを、礼服で供花に向かうとおぼしきカップルや、何やら政府の偉い人が大勢で来てはって、などと話すご婦人たちが通り過ぎていった。犯行の態様や、狙撃を行った被疑者の背景事情などが、毎日のように報じられていた時期だった。ここから遠くはない場所で、いまからそう離れていない瞬間に、安倍元首相は亡くなった、おそらく具体的にはまったく予測していないかたちで。そう思うと、政治的な信条とは別のこころの場所で、気の毒にかわいそうにと感じる気持ちが湧いた。

 岸田首相が、国葬でもって安倍元首相を送ると決めてから、国葬の挙行自体に対する、また、内閣そのものに対する世論は、大きく動いた。そして、わが国の国葬の準備が進むなか、イギリスのエリザベス二世陛下が亡くなり、その葬儀には、天皇皇后両陛下が列席された。亡くなった人を悼むという行いに付随する厳粛さ、敬虔さが、霊柩に一目挨拶をしようと並ぶ人々の長い行列と、儀典に従った制服を纏った人々の正確な動きで示されていた。さりとても、女王と、元首相のそれぞれの国葬を比較するのは、それほど意味のあることとは思えない。国葬にあわせて元首相の死を悼む人と、国葬の挙行に反対する人が、両方存在したからといって、それは、日本という国が破綻していることを示さない。それぞれが真面目に考えた末の行動であろうし、国葬の列に連ならず、また、挙行反対を唱えもしない、大勢の、ほんとうに大勢の人たちにも内心の自由はもちろんあるし、今後、それを表明する機会もちゃんとある。

ぽっかりと、雲。



朝のうちに近所のパン屋さんに行く

 今朝は、これまでしばしば寄っていたブーランジェリーとは、違うパン屋さんへ行ってきた。職人さんが3人、接客の人が最低4人は働いていた前の店とは違って、年配のご夫婦ふたりで切り回しているお店である。はじめての訪問なので、まずは、角食を買ってみて、自分の好みに合うのか試してみたかったのに、帰りに抱えていたのは、甘いパン2個と、ぶどう入りのパンに調理パン1個である。正直、この質でこの値段では、たいへんではないかと思うような仕上がりのよさだった。これから、細々とではあるが、贔屓にしよう。

 昼は、そのぶどう入りのパンに調理パンを切って、ハンバーグを焼き、ラタトゥイユを煮て、ゆうべの大根と蒟蒻の煮物を温め直した。ラタトゥイユとはいうけれど、中身は、人参、じゃがいも、椎茸、茄子で、オリーブ油は入るものの、白ワインの代わりに水。これを電気圧力鍋が、加圧3分の自動モードで仕上げてくれた。正直なところ、根菜にしっかり火が通る気がしなかったのだが、加熱と加圧、そのあとのほったらかしの時間で熱は通るようで、人参とじゃがいもも、ちゃんと柔らかくなっていた。

 夜は、無印良品キーマカレーを半分だけ、食べたいなあ。

 

 いや、3分の1でもかまわないくらい。

『鎌倉殿の13人』第37回

 わたしは、宮沢りえさんが好きなので、今回も、りくさんに関すること中心のエントリになると思う。

 りくさんは、壇ノ浦の合戦のあと、捕らえられた宗盛卿が鎌倉に押送されてきた際、かつての知り人として、挨拶を交わしている。一説によれば、池禅尼の姪であり、宗盛とは直接の血の繋がりはないものの、平家の公達からかなり近い場所にいた女性であることが描かれている。鎌倉には慣れましたかと宗盛に尋ねられたりくさんは、こんな辺境にみやこ育ちのわたくしがどうして馴染むものですかと語気荒く答えて、宗盛や、居合わせた夫の時政を驚かせている。以上、わりとうろ覚えである。

 うろ覚えついでにいうと、頼朝が亡くなる当日、北条一族勢揃いの場で行われた餅作りの場から、時政の正妻という身でありながら、興味なさそうに立ち去るりくさん。そこで、頼朝とはじめて一対一でことばを交わす。そういえば、亀の前の騒ぎのあと、伊豆に一時退隠していた時政とりくさんを訪ねて三浦義村がきたとき、義村に対するりくさんの態度は、どこか思わせぶりであった。義村とりくさん、曲者同士の語らいである。

 若い頃のりくさんは、いったんは結婚したが、夫に死別して、しばらくして時政と再婚をした。時政の長女の政子と年が変わらないりくさんにとっては、時政は父親といってもよい年回りで、恋愛というよりは、病まない死なない貧乏させないという当時の当然の評価軸に沿って選んだ夫である。実際に、時政は、娘婿の頼朝公の開府に伴って、伊豆の小豪族の主であったのに、異数の出世を重ね、一度は離れた京のみやこへも、りくさんは胸を張ってどうですといえる地位と財を得た。これは、時政だけの手柄ではなく、りくさんの、夫のお尻を叩く能力によるものが大きい。

 ある恩師曰く、「優秀な男には、とりわけサディスティックな妻を添わせる。」である。

 政範が亡くなってしまってからのりくさんは、畠山討伐といい、平賀擁立といい、箍が外れてしまったように、時政に強力にドライブを掛け、時政は軋みつつも、その妻の望みを叶えてやろうと奔走する。実朝を騙して畠山討伐の下文にサインをさせたり、速やかに出家して平賀に鎌倉殿のポジションを譲りますという起請文を書けと迫ったり、あの橋供養の餅作りの中心にいた老いてなお壮んな男はどこへいったのかという感じなのだが、それが破滅への道筋であることを案外ちゃんとわかっていたのだろうと思わせる彌十郎丈の演技であり、三谷さんの脚本だった。

 

 

『はるヲうるひと』

 この映画のモデルになった、愛知県知多半島付近の島について、わたしの知識は専らウェブ上のノンフィクションかノンフィックション風フィックションで得られたものである。いわく、愛知県や三重県のおよそメジャーな漁どの港からも小さな船で小一時間はかかるという、ある島に置屋がたくさんあり、その置屋の個室で、「自由恋愛」の名目で客と性的関係を結ぶ接客業の人が稼働しているというものだ。遊里というものは、令和の日本にもいくつもあるけれども、わざわざ船に揺られなければ、まず置屋に辿り着けないという場所は珍しい。瀬戸内には風待ちの船乗りたちのための花街があったというが、この島の始まりはなんだったのだろう。

 主人公の置屋の次男坊は、山田孝之である。長男の経営者が、佐藤二朗。先頃、大河ドラマの中で滅んでしまった比企能員。体の弱い末娘が仲里依紗。その置屋で、4人の接客婦が働いている。作中では、このそれぞれの接客婦の境遇や生い立ち、借金のあるなしやヒモの存否については、殆ど触れられていない。哀れにも苦界に身を沈めるしかなかった家族思いの娘ではなく、理不尽な二朗の圧迫を受けながらも、孝之のサービスを受けつつ、里依紗に圧を掛ける、たくましい稼ぎ手たちなのである。

 この映画で描きたかったのは、どちらかというと、売春婦の生態の模写というよりは、この置屋の家族史なのだろうと思う。

 

 

調理方法の傾向が少し変わったかもしれない

 盛夏、これからはこれで飯を炊くようにと手渡された電気圧力鍋は、どうして米の浸水の時間がなくてもよいのか理解できないままになんとなく使ってはいる。白米や炊き込みごはんのほかに調理するのは、肉じゃがで、醤油、みりん、さとう、顆粒だしというシンプルな調味で、なにかと疲れがちな脳をやさしく労ってくれる。

 調理に新たに加わったのが、過熱水蒸気がオーブン調理に参加するという、自分史上最大の大きさの調理器具であるオーブンで、これで今日の昼は焼き茄子を拵えた。添付レシピでは4個のところ、2個で作ったので空間がもったいない。できればとうがらしかさつまいもを一緒に加熱したかったけれども、まだ慣らし運転中なので、ぐっと怺えて、とうがらしはガス台のグリルで炙った。

 調理器具の更新がここにきてにわかに進んだのは、ひとつには、わたしの病態の悪化と避けられない老化を見かねてのことなのだろう。食器洗浄機の導入もことあるごとに提案されてはいるけれど、皿洗いだけは這ってでも自分でできる限りはやりたい。うちの食器には、土ものが案外多いので、食器洗浄機とはあまり仲良くならないだろうから。

 

 

厭なことあると出てくる蕁麻疹

 もう二十年も前にそういうのを煩ったことがあって、数年間服薬していた。とはいえ、当時は、厭なことは恒常的にあって、蕁麻疹も薬が切れると自動で現れる感じで、その因果関係については、もはや考えることも少なくなっていた。

 ところで、先日、電動アシスト付自転車に初めて乗った。アシストなしも含めて、およそ自転車というものに四半世紀は乗らない暮らしをしていたので、ややサドル高めのそのアシスト付自転車が走り出して約3秒後、右側に横倒しになる、かも、という危機に瀕した。そのとき、頭の一部がぞわりとして、数秒後、猛烈なかゆみが四肢にやってきた。蚊柱のなかに知らずに突っ込んでいってたのかと思ったほどだ。ぞわりの正体は、恐怖心で、その恐怖という負の感情が、かゆみを連れてきたというのが、わたしに関する限り、正しいのだと思う。

 その後、15分間ほど、人気の絶えた小さな運動場をぐいぐい乗り回して、なんとか電動アシスト付自転車とはお付き合いできるようになったものの、わたしの四肢のかゆみは次第に強くなり、このままでは手足を掻き毟ってしまいそうだったので、帰宅後、すぐに頓服の抗ヒスタミン剤を服用した。

 感情が身体的症状を連れてくるって、まあ、それほど珍しいことではないだろうけど。

 次は、運動靴とジャージで臨む。

のこのこ写真を撮りにいく

 台風14号が日本列島を縦断して去ってから、すっかり秋色が濃くなった。銀杏の実が落ちているのをみて、夏の間にも植物は秋の支度おさおさ怠りなく続けていたのだなと思う。いつもその稔りである、ぶどう、梨、蜜柑、おいしくいただいているというのに。

 さて、X線とCTの撮影である。X線はともかく、CTは、かなり久しぶりなので、今度は何が写っていることやら。いちおう、着替えを上下とも持参したけれど、金属のついた肌着をとるだけで、両方とも撮影できた。あとで、トイレの個室でそれを身につけた。というのは、X線の部屋には着替えるスペースがあったけれども、CTの部屋には、それがなかったから。

 会計を済ませて、もういっそ肌寒いくらいに爽やかな風に吹かれながら、少し早い夕餉ということで、うどん屋さんへ。冷やしのうどんを食べずには、わたしの夏は終わらないので、冷やしのたぬきうどんを。ここは、生姜でなくて、わさびでいただくのね。

 長い一夏の間、少し歩いてはぜえぜえいって休んでいたけど、この日は、いつもと同じビルケンシュトックのサンダルで、どこまでもすたすた歩けた。涼しいってありがたいわ。

つゆを掛ける前なので白っぽいうどん。