ぴょん記

こつこつ憶える

頻繁トナニカニ依存セザルヲエナイ生物

 なにか痞えたように仕事のとっかかりが見えず、しかし締切というものがありなにより目の前に積んでおくのが苦痛でたまらなくなったので、えいやこらさっと始めてはみたものの、どうにもこうにも。昼に好物でも食べたら状況が変わるのではないかと、デリバリーを頼んだら、いろいろおまけがついてきて、けっこうな量になった。でも、ぺろり。朝はともかく、日曜の夜は、くだもの中心だったから。はらいっぱいになったので、歯を磨いて昼寝。起きてから仕事。あらふしぎ。ここ数日来、どすぐろいものに憑かれるような気分だったのが、すっきりきれいになったというわけでもないけど、ある程度、視界が戻ってきたような感じ。夜は、土曜日から寝かせておいたタスマニアビーフを焼いて粉ふきいもに合わせる。ローストビーフにするためのかたまり肉をスパイスをすり込みながら常温に戻して、外側を焼いていき、内側まで熱が伝わったあたりで火を止めて寝かしてしばらくしたら包丁で切るのだ。一口大にカットするのは各自の皿の上で。もっとも昨日の肩肉は、加熱がちいと足りない感じがしたので、包丁を入れた後でフライパンに戻してふたたび焼いた。おいしゅうござんした。ケーキいただきましたので、大きな皿に盛ったけっこうなモンブランアールグレイといっしょにこれまたありがたく頂戴しました。