ぴょん記

こつこつ憶える

大切にすること

 ブログに引用したい記事を探して、ブックマークしたりして。

 

どうしたら彼氏に体調不良を解ってもらえるか? - ウタチャンホムペ

タイトルの通りの質問に対して、不調を伝える方法ではなく、身体を労り全速力でそのような歩く災難から遠ざかれ、とブログ主さんと読者の皆さんが声を合わせるシスターフッドの世界が完成していた。わたしもそう思う

2017/05/25 09:49

 

  家族などが心身の不調を来したとき、通常は、心配して病院に連れて行ったり栄養のあるものを食べさせたり休養させたり、という行動を人はとるものだろう。しかし、ときに人は「否認」という心理状態に陥ることがあるらしく、それがために、具合の悪い家族などについて、『この人が病気であるはずなどない。』という認識に基づいた扱いをすることがある。もとより、相手を苦しめよう虐げようという悪意に基づいた行動ではないから、当の相手や傍の人がその認識は誤っていて、あなたの大切な人はたしかに心身の調子が悪いので大切にしなければいけないのだと説くことで否認は解けることもある。そして、解けないこともある。ブックマーク中で「そのような歩く災難」とわたしは表現したけれども、婦人病を患っている同居する婚約者の思いやりを受け取らず、寄生虫呼ばわりする男性が悪意であろうとついうっかりであろうと、精神的に殴られ続けなければならない謂われは一切ないので、距離をおいたほうがいいと思う。

 と、こういうことを書いていると、別れろというほうはそれで気が済むかもしれないが、はたして相談者の人生にどのくらい責任を負えるのかという、お馴染みのフレーズが思い起こされる。たしかに、こういうお相手が好ましくないとしても、この先、相談者の人生に、このお相手以上に望ましい人が絶対に現れるとは誰にもいえない。いえないからこそ、皆、こころに思う。あなたを粗略に扱う人と一緒にいるあなたが気の毒です、と。

夫が家事と思っていない「名もなき家事」が存在。やっているのは9割が妻 (SUUMOジャーナル) - Yahoo!ニュース

誰しも時間と体力と気力は有限で、家内の用事をこなすことに得手不得手はあるものだから、あきらめながら歩み寄ってどうにかこうにか日を送って、なるべく病気をしないようにおいしいものを食べられればいい。

2017/05/25 09:54

  働いて学校にいって家事もこなしていた、ほんの少し前までの暮らしが自分でも思い出せない。例外として、印象的に思い出すのは3つの光景。家に帰ってきて、床に転がっていたら、あたまが常になく重い感じがして動けなくなったこと。夜中に帰宅して急いで仕度したキャベツの炒め物が致命的なまでに生っぽくて残してしまったこと。いまにも降り出しそうな曇り空なのに、大量の洗濯物を干してしかも乾かさねばならなくて困ったこと。その他は、あまり憶えていない。