ぴょん記

こつこつ憶える

関わる程度の加減

 一昨日であったかネットで見掛けたのは、40代はじめのころの女性が、客として知り合った20代の会社員の男性に数日間で約80通のメールを送信したとして、ストーカー行為を行った容疑で送検されたというもの。数日間のメールの通数としては多いものの、はたしてそれだけで送検されるものかと思って他のソースもちらほら読んでいたら、この容疑者は同一被害者に対して約4年にわたって、ほぼ一方的に接近していたという。

 これについて、はてなブックマークなどでは、「自分も気を付けよう。」とか、「はたして全国的に容疑者の映像を晒すべき案件なのか。」という主旨のコメントもみられた。かつてのように、容疑者の容姿を含めた存在そのものを貶めるものはむしろ少なかった。ところで、わたしがとくに気を留めたのは、容疑者が客、被害者がサービスを行う人として、このふたりがお互いを知り合った点で、それはきっと携帯電話に多量に送付される電子メールを被害者がブロックすることもなく、延々と受け取り続けてきた理由に繋がるものなのだ。数年間繰り返された容疑者による接近については、おそらくこの被害者も勤務先の上司や同僚に状況を説明し、取るべき態度について相談を行っているとは思う。そこで勤務先のある程度の権限のある人が、君ね、そうはいうけれども先方はうちの大切なお客さんなんだから、そこはなんとかうまくやって機嫌を損ねないでよ、などといっていたとしたら、これはいくら被害者が男性であるからといっても、昨今では立派な労働案件になる。

 さて。これとは別に、エスカレートして暴走するとこんな「事件」になるけれども、自分に親しく迫ってくる相手の態度は本当は迷惑、あるいは逆に、自分が親しくしてもよいと思って遣り取りをしている相手にとって実のところ自分は頭痛の種、という事例は、きっと日常的にそこいらにごろごろ転がっている。わたしも、相手の反応の冷たさに思わず心が凍りつく心地を味わったあとで、もしかこちらがなかよしだと錯覚していただけなのかと気付いて、すっと楽になることがある。といっても、無用の摩擦を生じさせないために、それを相手に伝えることはないけれど。ともかくこうなってくると、「引き際学」とか、「身を引く所作」について、誰かが論考を発表する時期がきているのでは。

f:id:e_pyonpyon21:20171116124313j:plain

古市庵さんのスタンプでいただいた魔法瓶にコーヒーを。

 

いま、ここに在るということ

 この秋も、幾度か苦しい思いを堪えているうちに深まっていった。きのう、仕事をしている合間に、ふと気付いた。もう、どうぞしてどこかに潜り込もうとするのはやめる。そうしないことをわたしは自分に許す。あれもこれも、したくてしたことではなかった。とはいえ、食を得るために頭を下げること、膝を折ることならば、かえって躊躇なく行うことができる。そうではなくて、自分をとくに好む人を探すことはこの先もうない。探すことに費やす時間は、ない。相当にひどいことをいわれようと、殴られない程度に穏やかなやりとりのできる人なら、仕事ぐらい一緒にできる。どこにいても心は自由だ。そうして自分を徐々にほどいていく。

f:id:e_pyonpyon21:20170925111638j:plain

あかいしゃけ

f:id:e_pyonpyon21:20170925112250j:plain

しろいしゃけ

 

ブロッコリーの加熱法

 花芽の部分が普通のキャベツ並の大きさのブロッコリーが届いた。全体を水に晒して、それから茎から水を小一時間吸わせて、房ごとに切っていった。深い調理パンにオリーブオイルを温め、ブロッコリーを入れて蓋をして中火で5分蒸す。蓋をとって、お湯少々を加えてもう少し強い火で2分。だいたいこれで火が通る。塩も胡椒もいらない。

f:id:e_pyonpyon21:20171113114750j:plain

秋映という名の林檎。爽やか。

 

『イシュタルの娘』第16巻(完結)

colorfuldays.hatenablog.com

 実在したことはほぼ確実なのに、履歴の詳細の伝わっていない歴史上の人物など山とある。NHK大河ドラマ『江~姫たちの戦国』で、重要な歴史の転換点、その節目節目に必然性もないのにヒロインのお江がいることの不自然さが放送時たびたび指摘されたが、あれを史実に忠実に描けば、お江は城の奥にじっと据えられていてあれがあったこれがあったと人づてに聞かされることばかりでテレビドラマにならない。だから、この「小野お通」も、信長秀吉家康をはじめとして、真田家の人々や春日局ともたびたび触れ合う。渡瀬羽林なる夫であった人を近衛信尹と同一人物と設定したこともあり、宮中にも親しく出入りする。全64話のどれもが、まるでオペラのガラを観るように美しい。一度にすべてを扱うのは無理でも、これを映像作品に仕立てて、よりたくさんの人にぜひ観てほしいと思う。

 

 

 

 

 

 ※14日午前現在、1巻から3巻までが0円だったので、物理版をもっているわたしもKindleで「購入」しました。

 

なんの汁だか

 昨日の昼のこと。シャトルシェフの、味噌汁なら20人前くらいは拵えられそうなのにお湯を沸かしながら、人参、油揚げ、大根、牛蒡に椎茸をどんどん刻んで鍋に下ろしていった。豚肉は、冷凍のバラ凍結で上小間肉があったので、それを半分ほどそのまま。大吟醸少しと塩で味付け。吸い口は赤葱。里芋の一回り大きい芋や蒟蒻も加えようかと思ったけれど、とりあえずはやめた。卓上で醤油で香りと塩気を加え、温もる汁ではあるが、豚汁とも巻繊汁とも名の付かないものが出来上がった。結局そのまま、昼夜各自3杯ずつ啜った。

 

  5年半前に2巻まで読んでそのままになっていたのを5巻まで読み通した。ボーイズラブなのか家族史的なものなのか、この作家独特の醒めて透徹した眼差しと、人間に対する温かい思いやりが共存する空気が奇妙に安定してずっと続く作品。自分もそうだけど、けっこう年のいった女が、15歳の少年と24歳の青年との間に生まれる恋のようななにかを眺めて、いったいどんな感慨を抱くものなんでしょうね、一般的に。

 

王国の子(8) (ITANコミックス)

王国の子(8) (ITANコミックス)

 

  夜中に読んだ巻に、あのジェーン・グレイが出てきた。エリザベス1世の弟王が亡くなった直後に担ぎ出された悲劇の娘。

ベイクドアラスカスノーボール

 ゆうべ風呂に入ってから眠りたかったけれど、夕方は荷物を待っていて、食後はいつもの通りとても眠くて、気がついたら22時を回っていた。うちは集合住宅で、とくに規則などはないものの、浴室で水音を立てても構わないのはぎりぎり23時ぐらいまでで、ふだんはなるべく21時までに湯から上がりたいとは思う。というのは、うちの浴室の壁の向こうは、お隣のご年配の寝室なので。ここは、たとえば、生活の都合でしかたがないとはいえ、近くはないが十分には遠くない部屋で、休日の朝5時半ごろから洗濯機のドラムが回る音で目を覚まして、頭をぶんぶん振って不快さを振り払う真似をすることもあるぐらいの昭和の防音性なのだ。高層階で道路の音は届かないから、深夜と早朝は水音が大きく響く。だから、きのうは22時を回って足元もふらふらしたので、顔を洗って歯を磨いて風呂に入らず寝た。

 朝、LUSHから届いた新しい石鹸を下ろして風呂に入った。掲題の通りの名を持つ季節物だ。

jn.lush.com

 うちに届いた部分はもうすこし黄色っぽくてしかも白いフロストが浮いていた。「このソープはごみ箱に捨てないでね」というキャプションについては、ほとんど石鹸の成分そのものとは関係ないストーリーの中に出てくる。そう、「製品だけでなくそれに付随する物語を売る」という、化粧品マーケティングの王道をいく手法である。しらんけど。ともかく、レモンマートルオイルとグレープフルーツオイルの香りですうっと爽快な気分になった。といってもはじめはなにやらレモングラスの匂いがするなあと感じていたのだけど。120gで730円。

 

 

 

MO’SOME STING (クロフネコミックス)

MO’SOME STING (クロフネコミックス)

 

 

編みものが終わらない

 Opalの毛糸を用いて、3号輪針で1周200目の腹巻き帽子を編んでいる。1か月前に編み始めて、入院にも持っていったし、テレビを観ているときにはなるべく編むようにしているけれど、いまやっと多分100段くらいだ。このOpal毛糸は、おそらくフェリシモの頒布会で届いた「アイスクリーム」というビビッドカラーの混紡でなんというかヒャッホーな色なので、出来上がったものはハハに送るよりは自分で使ったほうが無難だと思う。

 

  腹巻き帽子は、長めの筒を編んで、真ん中あたりをくるっと捻って被ったりする。