ぴょん記

こつこつ憶える

褒め言葉の前提 / without an irony

 日本の人が、日本在住の外国の人に向かって、『お前さんはえらい。日本人以上に日本人らしいから。』と褒めるとき、それが皮肉でなければ、その言葉を発する前提として、相手が自分の出身国の人の特徴を捨てるなり隠すなりして、日本人らしい特徴を獲得するために努力してきたという「状況」が、少なくともその日本の人の脳内には存在するのでは。そこに地縁血縁も乏しいなかで徒手空拳で技術を磨き資産を蓄えてきたという称賛が含まれていることも少なくないので、褒められたほうは、余計に、『お言葉ですが、私は日本人ではなく、何人としてのアイデンティティを現在でも堅く保持しております。』とは面と向かって言いづらいのでしょうが。

 

 When a Japanese talks to a foreigner living in Japan,''You're great! Because you seem to have more Japaneseness than an average Japanese.'' without an irony,it is posited that the foreigner makes an effort to avoid or hide charastaristics of one's own country or people to get Japaneseness. It may be difficult to object when the foreigner have an identity of his own,'cause the Japanese praises one to get good skills and assets as an alien,in the town far from one's hometown where many of one's acquaintance live.