ぴょん記

食べる、遊ぶ、学ぶ。

2016-02-28から1日間の記事一覧

和泉かねよし『女王の花』第13巻

この巻の冒頭、亜姫は曾国、黄国の助勢を得て、生母が毒殺され、父王も弑逆された母国との戦争に赴く。西方出身の商人を装ったインテリジェンスの人は去ったが、相愛の金髪碧眼の奴隷は毒の後遺症を抱えながら、亜姫から離れようとはしない。両親を殺した母…