ぴょん記

食べる、遊ぶ、学ぶ。

2018-06-17から1日間の記事一覧

漱石から先が読めない

今年の2月に京都に泊まりにいく前に、川端康成『古都』を読んだ。北山杉の里で心細く育った娘と、内実はともあれ名の通った商家のお嬢さんが、ほんとうは生き別れたふたごであった、という切ない小説だ。この娘たちも、周囲の人たちも、まあまあフラットな…