ぴょん記

食べる、遊ぶ、学ぶ。

2021-07-12から1日間の記事一覧

『さようなら女達』

大島弓子さんの『綿の国星』は、拾われてきた小さなネコがたしか父母と大学受験生の息子の家庭で、ちょっとヴィクトリア朝後期あたりの少女の服を着て、わりと堂々と暮らしていく話だったと思う。その小さなネコのカットが、キャラメルかなにかのハコに期間…