読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぴょん記

まじめにはたらく

雨続きの天気予報

 連休前部2日めの日曜日は、朝からずっと昏い空。昼餉は、チルド麺の太めのと添付の濃縮スープをつかって、ラーメン野菜セットと刻み葱、使い切りチャーシューのパックで、湯麺。ATOKが英訳しているのをみると、Chinese noodles served in salty broth with meat and vegetables となる。夕食は、100日以上穀物飼料で育てたという輸入牛肉のサーロイン。肉牛一頭に百日穀物を与え続けて水も呑ませて牛舎の掃除もして、それはもうすごい手間であることは分かる。消費者価格で、税込100g360円でもお値打ちであるとなんといっても小売店が主張しているのだから。もう先々週になったか、到来物の和牛が1000g、鋤焼きにして、葱も焼豆腐も白滝に春菊、他の具はミニマムで取りかかったけど、さすがにふたりで700gがおいしくいただける限界だった。だから、輸入牛の150gも、大切に大切に一口ずつ味わってこれはこれで満足。食後にたぶん今年最後の桃。農協のネット販売で長野の紅玉が出始めたので考慮中。9月下旬に届く予定で20玉くらい入って送料込みで3000円程度のようだけど、同じ時期青森からなにが出荷されるかそれと比較考慮する必要がある。/天童から届いた西洋梨マルゲリット・マリーラは、ただいま熟成中。/そろそろ白菜や青菜の類いを煮たのが食べたくなる時期。

 

BRUTUS(ブルータス) 2016年 7/15 号 [フルーツ手帖]

BRUTUS(ブルータス) 2016年 7/15 号 [フルーツ手帖]