ぴょん記

食べる、遊ぶ、学ぶ。

新しい神話におけるデスマーチ

 寝る前にiPadでいろいろ読む。漫画や、太宰治などの小説、そしてSF。『三体』をそろそろ読まないととは思うのだけど、なかなか手が出ない。読めば必ず面白いことはもうわかっているのに。

 小川一水の短編集で、小国の第六王子に生まれて、膂力や容姿に恵まれなかったけれど、数的な天稟を享けて大国を支配するに至った王の物語があった。その王の最大の武器は、人力コンピュータというか、とにかく計算するための組織で、その中での人間たちの働きぶりが実にすさまじいのだ。

 

アリスマ王の愛した魔物 (ハヤカワ文庫JA)

アリスマ王の愛した魔物 (ハヤカワ文庫JA)

 

  これを読んでしまっても、次の楽しみが控えている。