ぴょん記

こつこつ憶える

この夏もっとも暑い日/スシザラ

 と、今朝のテレビのニュースでもいわれている。

 ゆうべは、世界陸上の女子三段跳び決勝をテレビで観戦していた。あの、2センチ、5センチを伸ばすために、すさまじい努力が長い時間かけて重ねられ、そうして世界の舞台に立っている選手さんたちだとは思うのに、まっすぐなだけじゃない、どこか人間的厚みを感じさせる表情や身振り手振りが興味深い。観客を巻き込んだ、選手相互の駆け引き。

 それはともかく、以下は、わたしのゆめのお皿の話である。

 かりに、「スシザラ」とでも。白いお皿に握り鮨の写真を置いて食品ラップを敷き、その上に本物の握り鮨を並べて写真を撮り、以後、順次、リアル鮨を移動させるごとに撮影して、プレゼンテーションの資料を作ったらいいのかな。

f:id:e_pyonpyon21:20170703123027j:plain

f:id:e_pyonpyon21:20170629161236j:plain

f:id:e_pyonpyon21:20170629155956j:plain

 賑やかな盛り合わせも楽しいけど、1枚目の写真の下のほうとか、3枚目の写真のように、とくに自分の好きな鮨だねのお皿も作れるとたのしい。