ぴょん記

食べる、遊ぶ、学ぶ。

暑さで処理速度が落ちるロートル

 もっとも台風8号が関東に接近しているとかで、月曜日の夜は、涼しい感じで寝られた。

 某所で食べたポテトサラダ、ふたりで1つだけ注文したので、家で一度に拵える分の7分の1か10分の1ぐらいしかない。それを大事に大事に食べて、「胡桃の細かい細かいのが入っているのと違うか」という仮の結論が出た。しばらくして、マスタードに胡桃の粉がはいっている、ブルゴーニュの瓶詰めがうちに届いたので、それを使って、ポテトサラダを作ってみる。

 それはそうなんだけど、食事まで数時間あったので冷ましてみたら、塩気が馴染んで、わりと件のオリジナルに寄せていった感じがあったのがおもしろい。

 わたしのポテトサラダは、じゃがいもを煮る間にほかの中味も用意しておいて、すべての調味料をボウルの底で待たせておくパターン。そうするとじゃがいもの大きさを揃えることに専心できる。塩気は薄めで、自分はキッコーマンの醤油を掛ける気満々である。

 カゴメさんの「基本のトマトソース」は、これだけあればおいしいチキンライスができるので、ほんとうにありがたい。ケチャップやトマトピューレだと、やや酸味がまさるので、これとブルドックウースターソースで。

f:id:e_pyonpyon21:20210727205142j:plain

元気があるときは茹で卵も。