ぴょん記

食べる、遊ぶ、学ぶ。

炒飯のはなし

 うちの炒飯は、専らハウス食品の「炒飯の素」頼みです。作り方は、ほぼ袋の裏に書いてある通りです。まず、具となる野菜やハムなどを切ります。鶏卵はボウルに溶いておきます。フライパンを熱して、胡麻油を温めて、鶏卵を流してすごく緩めの卵焼きにして、そのままもとのボウルに取ります。切っておいた野菜やハムを中火で炒めて、ごはんも加えます。以前は、ごはんをレンジアップしてから加えていましたが、このごろはごはんは少なめになったので、そのままじゃんじゃん炒めます。うちの台所は都市ガスで火力が弱いので、このへんになるとガスの火力目盛はいつのまにか最高レベルです。十分に炒まったら、炒飯の素を振り入れます。わたしは塩気の強いのは苦手なので、規定量の3分の2か2分の1くらい。とくにオイスターソースを焦がして香りをつけるときは、2分の1は厳守します。おしまいにボウルの卵焼きをフライパンに戻して崩しながら全体に混ぜます。

 

ハウス 炒飯の素 42g×5個

ハウス 炒飯の素 42g×5個

  • メディア: 食品&飲料
 

 ネットスーパーで、思い出したときに2袋ずつとか注文します。スーパーでは、集団で台紙に貼り付いて1袋ずつ剥がされて買われる、いわゆるカレンダー方式で調味料コーナーの柱などに括られています。

 厨房からはとりあえず以上です。