ぴょん記

もっと読みたい。もっと書きたい。

殆ど役立たずでもなんとか5割こなせた

 わたしは、このごろとても長く寝ていた。朝食後、自然にしていると寝てしまうのと、昼寝と宵寝をとって、さらに就寝時刻には規則正しくまた寝るという生活がもっとも現在のわたしの身体に馴染むようで、稼ぐこと、家事を処理すること、そして人生を生きることに優先して寝るように仕組まれていた。

 それではいくらなんでもあれなので、作為的にせめて日中は寝ないというふうに仕向けてみる実験が昨週末からひそかに始まった。いくらかは薬理的な眠りだったので、くすりを控えるという方法で。

 月曜は、朝6時前に起きた。それから洗濯、風呂掃除、アイロン掛けなどの家事の合間に机に向かっていた。銀行のATMが空く夕方には、近所ながらなんと外出して、銀行とコンビニエンスストアで入金など済ませてきた。ついでに鯖ずし等も買ってきた。

 東京国立博物館の特別展のチケットの払戻しがなぜかうまくいかないとか、GUに寄って店頭受渡しの約束の軽衣料をもらってくるのができなかったとか、仕事がそれほど進んでいないとか、全体の5割しか18時時点では進まなかったけれど、とりあえず日中は起きているという一大目標はなんとかクリアした。

 

繕い裁つ人(2) (Kissコミックス)

繕い裁つ人(2) (Kissコミックス)

 

 

 朝食 パン、はちみつ、コーヒー

 昼食 親子丼の残り、チキンラーメン

 夕食 鯖ずし、京風寿司、菠薐草おひたし、じゃがいもと若布の味噌汁(予定)

 

 たぶん、すいかとしらぬい(あるいは、りんご。