ぴょん記

食べる、遊ぶ、学ぶ。

豚汁、中華まん、鍋焼きうどん

 金曜の夕食に、ほぼ日の飯島奈美さんのレシピで豚汁を炊いた。焼き餅を入れて、あとはトマトとベビーリーフのサラダぐらいしか添えない。豚肉は、食品宅配で届く豚コマ肉で、豚バラ肉ほどのこくは出ない。それでも温かさが取り柄で、ふうふう吹きながら食べた。

 土曜の午後は、中村屋の肉まんと餡まんで、小ぶりなのを3個ずつ、大きな鍋で13分ほど強火で蒸したのを熱々で。夕食は、全豪オープンでの大坂なおみ選手の優勝を見届けてから、豚汁の残りにシマダヤの生のうどんを煮立てて、青菜と卵を加えたのをいただいた。

 薬の関係で、頭があまり働かない一日だったので、土鍋に汁が残っていて本当に助かった。

f:id:e_pyonpyon21:20190128093019j:plain

このごろは、昆布におかか、それに梅

 年を取ると、おむすびの具もおとなしいものになっていく。それでも2個は食べるのだからまったくもう。