ぴょん記

食べる、遊ぶ、学ぶ。

習字の稽古にでも使おうか

 ペリカーノジュニアを1本買うついでに、かわいい学習帳を何冊か取り寄せた。文字を教えたい孫がいるでなし、それでも見掛けると、きれいな料紙や立派なノートをついつい買ってしまうのは、身についた習性としかいいようがない。こと自分に限ってみても、勉強好きな中学生をやめて数十年経ったというのに、この、反射的に文房具を取り込む購買行動は収まる気配はないし、同病相憐れむ人は大勢いるようなので、おそらくこの国の文房具市場はまだしばらくは安泰であろう。

 ノートを手に入れたのをきっかけにして、ずいぶん久しぶりにペン字の手本でもさらってみようかとも思う。