ぴょん記

食べる、遊ぶ、学ぶ。

雨の衣替え

 ふつうならば晴れて空気もからりとした中で秋冬物を広げて夏物と入れ替えるところ、暑い日々のあと、雨が続いてにわかに冷え込んだために間断なく降る雨のうちに長袖を引っ張り出すようなこのたびの衣替えである。

 雨が上がったら少し遠くの店まで出掛けてお昼でも、とはならないのが今般の暮らしで、家庭の負担する光熱費と台所に立つ者の手業が累積してどんどん嵩増ししている。みんなたいへんだ。せめてなるべく倒れずに済むように、省力化していこうぜ。おれはそうする。

f:id:e_pyonpyon21:20201011105605j:plain

みかんがふたつ