ぴょん記

こつこつ憶える

週末は雨になった

 しかも気温が深夜には15℃ほどに。土鍋の湯を沸かし、玉ねぎ、人参、鶏肉の小口切り、蓮根にじゃが芋をどんどん加えていく。にわかに冷えて雨脚も強いので、そういうときは重めの羹だ。「コーンクリームシチュー」の固形ルウと牛乳で仕上げる。あとは、北海道産の新米に雑穀を混ぜたものと、気仙沼の「金のさんま」。家族が、パイ生地でカスタードを封じ込めたケーキのようなものをコンビニエンスストアで買ってきてくれた。それを先日買い求めたスターバックスのオータムブレンドで食後に。寝る前に刺し子でうさぎ1羽分ちくちく。

 

続日本紀(下) 全現代語訳 (講談社学術文庫)

続日本紀(下) 全現代語訳 (講談社学術文庫)

 

 

 

日本後紀(上)全現代語訳 (講談社学術文庫)

日本後紀(上)全現代語訳 (講談社学術文庫)

 

  六国史の現代語訳読みは、この週末、ようやく『日本後紀』に入る。