ぴょん記

食べる、遊ぶ、学ぶ。

鮪たべたし赤身のヅケを

 サカナくんが、葛西臨海水族園をはじめとして、鮪の現場でレポートしたり、東京大学大気海洋研究所の先生が鮪の背びれにモニターを付けたり回遊速度を測ったり、鮪いっぱいの30分だった。

 中トロ大トロの部分をひとが珍重するのも、その値段が騰貴するのもわかるけど、わたしは、やはり鮪は、赤身のヅケを、あっさり握りにしたのがいちばん好きかもと思ったので、銀のさらのデリバリーで、「月」のネタ替えでヅケを3貫も食べた。

f:id:e_pyonpyon21:20200224173756j:plain

氷詰めで届く鰯がご馳走だった