ぴょん記

食べる、遊ぶ、学ぶ。

納得をゆるさない浸透圧

 ほっともっとさんの幕の内弁当はとてもおいしいのだけれど、おしむらくは、牛肉と蒟蒻を甘辛く煮付けたおかずが、わたしにとっては過剰に醤油辛くて、しかもお砂糖多めに感じられる。それを口にした瞬間に、唇の裏側の粘膜から水気があらかた誘拐されていく勢いなんですわ。これが東京風のすき焼きっぽさというものかもしれないけれど、日本橋弁松さんのカジキマグロとか生姜の煮付けとか、そういう伝統的な甘辛さともまた違う方向で、はげしい。

 どちらかというと、減塩減脂肪しかも低蛋白質の方向で、なにかおひとつ商品開発していただいて、定番化してくれるとありがたいのですが。当方、年寄りなもので。

f:id:e_pyonpyon21:20201008125831j:plain

うすめの贅沢