ぴょん記

食べる、遊ぶ、学ぶ。

『犬猿』

お題「ゆっくり見たい映画」

 商用のポスターの印刷を受注して、協力会社に下請けに出す会社に勤める若いサラリーマンがいる。辛抱強くて気弱な感じである。彼がある夜、自分の慎ましいアパートに帰ってきたところ、刑期を終えたばかりの実兄が訪ねてくる。兄は、弟の目の前で、自分に反抗的な態度を見せた飲食店従業員を殴り、足蹴にし、蹴ること数度、もって前歯等数本を折るほか全治たぶん2ヶ月程度の傷害を負わせた。弟が通う協力会社の女性社長は、事業と並行して、父親の介護、家事一般をこなしている。ただ、容姿にやや難がある。その妹は、芸能活動も行うなど、きれいなタイプであるが、自他共にあまりかしこいほうではないと認めている。兄弟間、姉妹間で、それぞれ相克がある。いわば、きょうだいと犬猿の仲なのである。お互いもういい年なのだからと薄笑いを浮かべて辛うじて保ってきた微妙な均衡が壊れたとき、さてさて。

 

 新井浩文さんが兄役で出演している。満期出所ならばあと3年1月かそこらなのだが、彼が演技の世界に戻ってくることははたして絶対にないのだろうか。