ぴょん記

食べる、遊ぶ、学ぶ。

タイムラグの長期化

 週の前半あたりから、横になって目を閉じていても身体が縦に横にローリングするような地震酔いに似た具合の悪さはあった。それが水曜に中度の発熱になって現れ、木曜には強めの悪寒となかなかのレベルの発熱という症状を呈するに至った。中年になると、運動して数日おいてひどい筋肉痛に見舞われることがあるというけれど、筋肉系に限ったはなしではないかもしれない。つまり、中年は、その疲労を回復するプロセスとして、身体が休息を要求して充足するまでに手間暇の暇がよけいに掛かるのだ。手間のほうも、熱を出して汗を搔いてという本来不要な段階を踏むようになるのか。憂いことである。

 

 朝食 パン、ヨーグルト、コーヒー

 昼食 カップうどん

 夕食 お茶漬け、チョコチップメロンパン、フルーツゼリー

 

 ヒューマニエンスの「肝臓」で、ケトン食という、成人男性の場合、本来200g/day の糖質を摂取するところ、これを10-30g/dayにまで切り詰めて、不足するブドウ糖のかわりに肝臓にケトン体を放出させ、がん細胞を干上がらせるという食餌療法が紹介されていた。低糖質ダイエット以上に生命に関わる情報であるけれども、ブドウ糖のかわりにケトン体がエネルギー、ことに脳のエネルギーとして働くようになるまで、少々つらいかなと感じた。そのうち雑誌が特集することだろう。

 

  原作は冬服のシーンが多いので、来年1月から放送されるドラマの撮影現場では、俳優さんたちたいへんだろうと思う。