読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぴょん記

こつこつ憶える

重層性の森へ

 20年くらい前、四谷大塚の予習シリーズの国語に、知里幸恵の評伝の一節が取り上げられていた。彼女は、金田一京助のお弟子さんの知里真志保の姉だ。いずれも成績優秀な姉弟だったが、幸恵は、民族伝承の歌謡を美しい文字に残して、夭折する。わたしなど、何度か北海道を訪れては、もっぱらおいしいおいしいというブログエントリを書くだけなのだが、その同じ北の大地が明治維新前後から「倭人」の都合で「開拓」される以前、そこで誇り高く暮らしていた人々の歴史や文化の豊穣さときたら!

 

アイヌ神謡集 (ワイド版岩波文庫)

アイヌ神謡集 (ワイド版岩波文庫)