ぴょん記

食べる、遊ぶ、学ぶ。

『NeuN』第5巻

 初読1周年記念で再読していたN・スティーブンセン『七人のイヴ』の第3巻の頭でほとほと疲れたので、読むまいと思っていたまんがの最新刊に手を出してしまった。……やはり、漫画は、頭のなかでCADひかなくても理解できるところも、いい。

 

  A・ヒトラーの生物学上の子13人のうち、いまのところ、6と9と11が、作中で動いている。8は消えてしまった。第5巻では、量子と人間の意識との繋がりについて、天才とされる6が何かしら御託を垂れていたが、逃亡を続けていた9もなんだか神懸かりな行動が増えてきた。3月と9月に新刊が出ている。第6巻も、きっと買うんだろうなあ。