ぴょん記

食べる、遊ぶ、学ぶ。

編み機とケンジ

 きのうは、ハハの腹巻帽子を編み上げてしまいたくて、PCの前で黙々とラベンダーの中細糸を編み続けた。殆どバイオ編み機と化していた。おかげでアマゾンプライムで、『きのう何食べた?』全12話を見終えることができた。

 

  原作のコミックでは、シロさんの同居人のケンジのことが少し苦手だった。優しい人だけど、やや手が掛かる、面倒な人だと思っていた。それが、大河ドラマ山本勘助徳川家康を演じた内野聖陽の手に掛かると、すごく「自然」で、共感を通り越して、ここは見習わないと感じる場面すらあった。自宅のテーブルで、西島秀俊内野聖陽、それに山本耕史の3人を含む4人が差し向かいになったシーンなど、もう立派な殺陣が組めるとも思った。

 ところで志賀廣太郎さんは残念ながら健康上の理由で途中降板されたけど、その後、回復されただろうか。

f:id:e_pyonpyon21:20191105175207j:plain

帽子も完成して、今朝は洗って干した