ぴょん記

上古文学、外国語、数学、調理、編みもの、縫いもの、競争法

2016-07-01から1日間の記事一覧

妻を譲渡するということ

『少将滋幹の母』を読んで、在原業平の孫にあたる夫人が大納言国経からその甥の左大臣時平に宴の引き出物として譲渡されたエピソードから、作者の谷崎自身のある逸話を思い出す。それは、奥さんの千代さんを佐藤春夫に譲ったという、昭和5年(1930年)…