ぴょん記

食べる、遊ぶ、学ぶ。

埴輪大行進参観ののち、一乗寺で

 朝早いうちに、京都から新幹線で新大阪。梅田から先はタクシーで、NHK大阪放送局の隣で開催されていた「埴輪大行進」。

 それから、森ノ宮、京橋経由で京阪で出町柳まで戻る。出町柳からは叡電一乗寺アヴリルさんで毛糸、恵文社さんで一筆箋など買って、珍遊さんでラーメン。背脂が浮いているのに、くどさはない。

 出町柳志津屋さんのスタンドで、パンを5つほど。ここのお嬢さんたちはいつも感じがいい。だから、京都にくるときには、志津屋さんとアヴリルさんのスタンプカードを財布に忍ばせている。

 そこから知恩院前の一澤帆布さんでかばんをみる。春節直後だからと、予想はしていたけれど、ほしい型が売り切れだったので、作ってもらって、後日、宅配便で届けて貰うことにした。鼠色ベースの肩掛けかばんと、去年の6月に見掛けて心にのこっていた翠水玉の大きめのかばんを注文した。ほど近い喫茶店でコーヒーフロート。

f:id:e_pyonpyon21:20190213141343j:plain

喫茶山本さんのコーヒーフロート。

 遅い午後は、ゆっくりと京都国立博物館見学。常設展示の仏様にご挨拶して、そこから、ご即位図、斉白石、雛など、けっこうな品を観覧。タクシーの運転手さんは、お向かいの三十三間堂の仏様の一括国宝指定のすぐ後だけにご覧になってはいかがかと勧めてくださったけれど、わたしの足の都合で残念ながら今回は拝観はかなわなかった。