ぴょん記

食べる、遊ぶ、学ぶ。

LCCで帰京した

 新幹線、在来線特急と乗り継いで、なぜか路線バス。乗り換えて、また、路線バス。ここの半島をおよそ4分の1周する路線バスは、とにかくなかなか空港へは着かないことを30年前に学んだはずなのに、やはり同じことを確かめずにはいられない。

 行きには乗れなかったLCCの、しかも4社相乗りコードシェア便。新幹線や在来線特急のなかで、何時間か寝たり起きたりしたのに、飛行機は乗ってしまえばあっという間に着く。もちろんそこはLCCだから、第3ターミナル着で、これが意味することは、タラップを踏んで降りて、ターミナルまで、バスで、ターミナルの中をぐるぐる回って連絡バスで第2ターミナル、そこでやっと京成線に乗れるということ。第2ターミナルで、一瞬だけ、スターバックスに寄って、アイスコーヒーを飲んだ。

 京成線、東葉高速線、乗ったままの東西線で帰宅。第2ターミナルに入るときにみかけた、1000円の東京駅行きバスに乗ったほうがよかったかどうかはわからない。