ぴょん記

もっと読みたい。もっと書きたい。

空腹の波が遠く近くに

 このごろ眠っている時間が長く、嗜眠の間は、基礎代謝+ほんの少ししか消費しないので、積極的に食事を抜いたり、食べようかと思っているうちに次の食事の刻限を迎えたりしている。嗜眠には、いくつか理由があるが、おそらくコーヒー抜きが大きいだろう。

 カフェインに飼われている気がして(従前から食物繊維と乳酸菌には支配されている自覚はあったが)、このうえ、カフェインにまでもとしばらくコーヒーを控えてみた。といっても、3日か4日おきにドリップコーヒーを300mlくらいは口にするので、いまだカフェインと絶縁するにはいたっていない。それに緑茶もけっこう飲むし。アルコールは、1か月でも半年でも飲まなくても平気になった。

 そして、10年以上経つけれど、お腹中、直径5センチの赤斑だらけになりながら、たばこと縁を絶った。これは、過去に何回か書いたこと。たばこは、匂いが好きではなかったし、厭がられるのもつらかったし、それなのにやめられないのがきつかった。たばこは、きれるとつらいというより、干した状態でたまに口にするたばこから身体に取り込まれる何百もの化学物質が、「おいしい」のだ。その「おいしさ」が、捨てたライターをまた買わせ、雨の冬の夜でもコンビニエンスストアまでわたしを走らせた。

 度重なる、失敗。たばこをやめるのを失敗するのって、人によっては、自己評価が著しく低下するもので、わたしの場合は、名にしおう禁煙鬱になるほうがましというくらいに、もれなく毎回、自分にばかばかといっていたけれど、とはいえ、そんなことは、ひとにいうものでもなく。ちなみに、直径5センチの赤い斑は、ニコチンパッチの跡。いまはないドラッグストア一本堂の某支店の薬剤師さんが、1ハコ5000円くらいのニコチンパッチを買いに行く度に、大丈夫ですかおつらいでしょうごりっぱですよ、と励ましてくれて、やっとのことで続いたセルフメディケーション

 

  「明応大」のハコが、あいかわらず明治大学駿河台校舎のリバティタワーであるけれど、下の方は大教室と中教室で、上のほうに学部のゼミ用の小さめの教室があるんだろうな、きっと。

 

 朝食 パン、トマト、バナナ

 昼食 カレーライス、ししゃも2ひき、トマト

 夕食 カレーライス(予定)

 

 カレーにミルクチョコレートをけっこう多めに入れたら、まず、味にダイレクトに反映された。