ぴょん記

食べる、遊ぶ、学ぶ。

出前館さんの待ち時間表示について

 きょうの昼は、新蕎麦を茹でて天ぷらをのせて、と決めていた。天ぷらは、自宅で揚げず、近所の讃岐うどんの店で2人前買ってこようかといっていたが、わたしが髪を洗ってしまってそれが乾くまでしばらく掛かりそうだったので、天ぷらは出前館さん経由でてんやさんに注文することに変更した。

 さて、最寄りのてんやさんの出前館さんでの受付開始が11時30分。アプリをつかったわたしの注文終了が11時32分で、目安の到着時刻は12時32分と表示された。これはまたどんなものじゃろうかとアプリの画面に表示されるドライバーさんのアイコンとそのステイタス表示をみていたら、ドライバーさんは11時40分には店に到着して、同43分にはこちらに向かい、同52分にはテーブルの上に天ぷらの入った容器が据えられていた。

 天ぷらは、つまり、目安の到着時刻よりも40分早く届いていたわけで、てんやさんは受注から20分で天ぷらを完璧に提供し終わっている。もしかしたら、その陰に、注文確定前に時間が掛かりすぎるからと諦めてしまった何組もの潜在顧客がいたかもしれない。店舗が開くのが10時30分で、出前館経由の注文の受付を始めるのが11時30分からであるのには何らかの理由があるのだろうが、たいていの人間は昼が届くのを1時間も待っていられないだろうから、さっさと他の店のメニューに移ることだろう。

 もったいないことである。