ぴょん記

お暑うございます。

DMにはわりと簡単に釣られるほうです

 お遣いものを考えることの増える時期になった。この場合、「お遣いもの」の「もの」は、普通名詞の一部で、「考えること」の「こと」は、形式名詞なのだが、それは、まあ、よい。

 だいたいの人がぺろっと食べられて、すぐに忘れてもらえる、というのが、わたしのお遣いもの選びのひとつの指針かもしれない。身体をよく動かす事業所には、個包装のどら焼きやカステラ巻きのようなものが喜ばれるようだから、文明堂さんや鶴屋八幡さんのたとえば15個入りを2箱とか3箱とかお届けすることもある。

 今回は、それほど大人数に宛てたお遣いものではない。数人のご家族で数回に分けて召し上がるようなお菓子を考えていた。そこにちょうど、長崎の松翁軒さんのDMが届いた。レモンの風味の冷やして食べる涼峯という季節限定のカステラと五三焼のセットなどが紹介されている(はずだ)。そのDMの封筒を目にした途端、わたしは、松翁軒さんのオンラインショップに急いでアクセスして、2つのお遣いものをさっさと手配してしまった。たいてい百貨店のオンラインショップ経由で買い物をする中、松翁軒さんとは直接のお取引をするので、季節毎にDMをいただけるのだ。

 とはいうものの、ここしばらくは、e-ながさきどっとこむさんの送料補助に負けて、松翁軒さんと直接のお取引をしないでいた。送料補助は、おそらく県の事業なので、もうしばらくは続くと思うけれど、松翁軒さんのオンラインショップで直接のお買い物をすると、ポイントがたまって、その料率がかなりうれしいものだから、これからはまたオンラインショップで買おう。

 それにしても、松翁軒さんのDM、実にタイムリーでした。これからゆっくり拝見します。

松翁軒公式オンラインショップ|元祖長崎カステラ・和菓子の通販

中身もちゃんと拝見しました。