ぴょん記

お暑うございます。

ナムルの話のほかに

 土曜に近所とはいえ、片道1400歩ぐらいの場所へ所用で出かけ、なんとなく暑いのでくたびれて帰宅して、日曜もあまりふつうに戻らず、日中騒音がひどいのと夜中も眠れないのとで疲弊して、月曜の午後にようやく2時間弱眠りを補って、なんとかふつうに戻りました。

 このごろ、もやし中心のナムルをよく作る。もやしを洗って2分弱茹でて笊にとって冷ます。少し冷めたら、あまり多くない「ほんだし」を混ぜて、上からしりしりで削った胡瓜や繊切りにしたハムを入れて、リンゴ酢で和える。当たり胡麻は多めに。もやしは、500gの大袋をイトーヨーカドーさんのネットスーパーで買っても80円ぐらいだ。それをナムルにしたり茹でて絞って味噌ラーメンに添えたりして、このごろは傷む前にきれいに食べきってしまう。もやしを買ってきたら、袋に楊枝で幾つか孔を開けて、もやしが呼吸できるようにすると長持ちするのだという。わたしはペティナイフで袋に何か所か切れ目を入れる。すると大きめに孔が開く。本当に、これで半日か一日ぐらいは、冷蔵庫の中でもやしが延命するものだろうか。

 この下に、「少し深刻なことを書きます。」から始まる住居の、こちらはおもに夕方から始まる騒音問題についてひとくさり述べていた。ただ、この問題は、今月になってから、エレベーターホールにわざわざ英語で長文の「ご注意」書きが出たことなど、現在進行中の話なので、わたしにしては珍しく予約投稿をセットして日付が変わると同時に公開するよう設定したけど、直前で思いとどまって、下書きに戻した。