ぴょん記

もっと読みたい。もっと書きたい。

茶碗とかざくざく出てくる

 木曜の夜は、稲荷ずしを詰めてみた。油揚げは、トップバリュベストプライスという、イオンのPB商品のなかでももっとも安価なラインで、5枚入って税込95円である。1枚税込19円で、2個の油揚げが包める。以下は、わたしの稲荷ずしレシピである。

 米は、2合。ふつうの水加減で炊く。すし酢は、米酢大さじ4、砂糖大さじ3、塩小さじ2を混ぜて作るけれど、これは、すし酢の瓶のラベルに書かれていた、米3合当ての配合。これを2合のめしの炊きあがりに混ぜる。このくらい、ざばざば混ぜないと、米が無洗米だからか、しっかりしみない。

 油揚げは、2つに切って、内側を開く。もっとも、今回のは、開かなくてもぱっくりと割れてくれていた。それを沸騰したたっぷりのお湯で10分煮て油を落とす。そのあとお湯を捨てて流水に晒し、よく絞る。水300ml、醤油60ml、砂糖大さじ4、みりん大さじ2くらいの煮汁を沸騰させて、それに油揚げを落として煮立てて、わりとすぐ、火を消して蓋をして馴染ませる。そのまま冷ます。

 すし飯には、白ごまたっぷりをすし酢と一緒に馴染ませる。それがプレーンで、あとは、佃煮とか塩昆布とか好きなものを適量混ぜる。油揚げの汁をよく絞ってめしを詰めていく。山菜や、菜の花なども入っていてもおいしいかも。しば漬けの刻んだのも。

f:id:e_pyonpyon21:20210415165148j:plain

プレーンと、種入りと2種類くらいで。

 

 朝食 パン

 昼食 サンドイッチ(ハム、野菜)

 夕食 ごはん、トマト、コロッケ

 

 いちご(とちおとめ)、もなか。マーラーカオもどき。