ぴょん記

食べる、遊ぶ、学ぶ。

日曜の朝のパン屋さん/おでん

 土曜の夜のうちから、翌朝は早くに可燃ごみを集積所に持って行って、帰りにパン屋さんで焼きたての食パンと菓子パンを買ってくると宣言しておりました。

 いざ明けてみると雨催いの空で、気温も低かったのですが、予定通りに、まとめておいた可燃ごみを出して、手を拭いてパン屋さんに向かいました。8時の開けたばかりのころに訪れる予定が30分ほど遅くなったので、会計待ちの列はそこそこ伸びていましたが、ふかふかのイギリスパンや家人の希望したチョコレート遣いの菓子パンなども棚に並んでいたのでよかったです。ごく近所のお店ですが、休みの日の朝は、すぐ食べるためのパンやサンドイッチを買いに来ている人が多くて、とても活気があります。

 今日は、なにか気分が落ち込んで、心どころか頭が開店休業で、一日の大半を眠って過ごしました。レシピをウェブで見掛けた、じゃがいもを茹でて、コンビーフを1センチ角に切ったのをフライパンで焼き付けて、じゃがいもと一緒に黒胡椒で調味したのを作ってみたりとか、さばの灰干しや秋刀魚の干物を昼夜に焼いたり、お豆腐にわかめと九条葱の味噌汁を仕立てたりはしたけれど、たいていは寝ていました。夕方になって、やっと髪を洗って、乾かすついでに手櫛で粗く梳いたりしたけど、自分のことはそのくらいで。

f:id:e_pyonpyon21:20190228121106j:plain

おでんは地味に長く役立ってくれました