ぴょん記

食べる、遊ぶ、学ぶ。

大浮世絵展へ

 朝から、両国の江戸東京博物館で開催されている大浮世絵展にいってきた。東京会場の会期は、2020年1月19日までで、このあと、福岡市美術館で1月28日から3月22日まで、愛知県美術館では、4月3日から5月31日まで開催される。

 同じ展示会場でも、歌麿写楽北斎、広重、国芳の作品が、期間によって、展示されたりされなかったりするので、どうしても見たいものがある人は、ホームページで確認の上、おでましになったほうがよい。西洋ふうの版画と異なり、浮世絵にはシリアルナンバーがついていないから、色がきちんと乗っている、あるいは、線がはっきり表れているからといって、早いうちに刷られたものであるとはいえない。なかには2枚の浮世絵が並べられているのがあって、それぞれの所蔵先は、遠く遠く隔たっているものもある。もとは同じ摺師の手によって慎重に、しかし、思い切りよく扱われたものであろうと思うとふしぎな気持ちになる。

f:id:e_pyonpyon21:20191220190916j:plain

絵はがきは、複数枚ずつ、買う

 だって、自分の分と、ひとに出す分と最低2枚はないと。

dai-ukiyoe.jp