ぴょん記

もっと読みたい。もっと書きたい。

大雨でたいへん

 昼は、軽めのカレーライスにしようと一旦は思ったけれども、あまりの冷え込みに驚いてしまって、牛乳瓶1本そのままつかったクリームシチュー。雨が地表からどんどん熱を奪っていくようで、実際、21時半には5.5℃まで気温は降下した。

 わたしは、朝に台湾カステラを半分食べたあと、また胃がうまいこと動かぬようになってしまい、菓子パンを半分とか1個とか、まあそれでもそれなりに食べて空腹をしのいでいた。こちらの都合で食べられないのに、ちゃんと腹は減るのである。

 夕餉の仕度をころにはやや元気になって、ししゃもをグリルで焼いて、シチューを模様替えして*1、とりどりに粗く刻んだ白菜、小松菜、春キャベツを塩、ハーブソルト、オリーブオイルで和えて、土鍋で弱めの中火で加熱する、という細川亜衣さん考案のレシピを。これは、もう何遍も作ってみたけれど、いつもおいしく仕上がるのでとてもうれしい。加熱時間は、わたしのよくつかう土鍋では、ほんの8分か9分。オーバルの器に盛って、トングでわしわし掴んでたくさん食べる。

f:id:e_pyonpyon21:20200309165502j:plain

 

*1:チーズとウィンナーを入れるというマイナーチェンジだけど。