ぴょん記

食べる、遊ぶ、学ぶ。

桃を選る日

 ことし、自分たちが自宅で食べる桃は、生協で宅配される山梨県笛吹市のものが多いようです。大ぶりのが2個か3個、透明なプラステックのケースに入って届けられるのを半分に割って中皿の上で汁を零しながらうまいのううまいのうと呟きながら囓っています。

 ところで、毎年、田舎のほうへは、JA-townというショッピングサイト経由で、富山県魚津市の桃を送っていました。これが限定50箱の出荷で、とくによく穫れた年には追加で50箱という感じでした。でも、今年は、限定30箱の出品で、実家に1箱送ったあと、岡山から桃をたくさんもらったという叔母のうちへは送る時期を見計らっていたところ(着日をこちらからは選択できないので。)、魚津の桃は、売り切れになってしまいました。残念。

 一方、自宅用の桃としては、山梨の大きなものではなく、かなり小ぶりでしかし数の多い山形県東根市産のが届きました。当初、ジャムにするつもりが、ふたつみっつ冷やしておいて、ゆっくりした朝に食べると、とても甘くておいしい。これは煮るまでもなく生で平らげてしまえとたちまちのうちに10個か12個、いただいてしまいました。

 この桃を生協経由でなくても食べる方法はないかとネット検索した結果、ややアナログな手段によって連絡しなければならないのですが、農協さんの店舗から通信販売で買えることが判明しました。「地方発送の申込書」をプリントアウトして、記入後、もうファックスを接続するのが面倒なので、郵送で送るという手順ですが、叔母にもきっと甘い桃を食べさせられて、わたしたちも追加で9月まで桃を頼めるようなので、特に問題はありません。

f:id:e_pyonpyon21:20200828084841j:plain

桃の代わりのトロピカーナの写真

 トロピカーナでは、このごろメロンブレンドが特に好きです。ネットスーパーでは買えないことが多いけど。

 

追記 あとでよくよくもとのホームページを見直してみると、そのJAさんもまた、ネットストアを開設されていました。申込書を書いて、封筒に入れちゃったけど、どうしようかな。