ぴょん記

お暑うございます。

また胃が半日ストライキ

 きのうのカレーソースの残りで、朝食にはカレーうどんを出すと約束していたので、朝から12分間かけてうどんを茹でる。一把だけ茹でるのにガスを使うのは勿体ない気もするし、だから世の中には冷凍うどんという便利なものがあるのだろうが、あいにくうちには冷凍うどんの在庫がないので、トップバリュの乾麺を茹でる。それも丁寧に。

 カレーソースは予め温めておいて、別に沸かしたお湯で、麺鉢の中で濃縮つゆを規定より塩気少なめに7倍くらいに薄める。カレーソースはそこそこ塩分が多いので、うどんの汁のほうは薄めでいいのだ。待っている間に九条葱の緑の部分と白い部分を多めに刻む。そして、ようやく茹で上がった釜揚げのうどんをざるに取って水気を切って麺鉢の汁に沈め、カレーソースをのせて、最後に九条葱を散らす。

 家族がそのカレーうどんをおいしそうに平らげるのを横目で眺めながら、みかんを1個食べる。

 年初から続けていた仕事を日曜のうちに仕上げると決めていたので、洗濯をしたほかは、終日机に向かっていた。

 みかんと飴と茶碗蒸し1碗で、夕方まで頭をこきつかったので、当社比にしてもかなり遅い。やっと机から離脱した夕食は、余りごはんが少しあったので、わたしは牛皿をとって自家で牛丼にして、家族は「アタマノオオモリ」という、大河ドラマの登場人物にいてもおかしくない牛丼を選んでいた。おいしいよ、吉野家。「お新香」200円も、白菜ぎっしりでうれしいですね。

f:id:e_pyonpyon21:20220109150407j:plain

ペアのシャワージェルが気に入ったので現品を購入した。

 保湿クリームも補充しておいた。