ぴょん記

食べる、遊ぶ、学ぶ。

ドラゴン・タトゥーの女

 あいかわらずOpalの毛糸で斜めのストールを編んでいる。前のは1段が59目だったけど、今回は同89目なので幅は約1.5倍、その代わり、1玉で編める長さは3分の2になる。だから、もうひと玉、毛糸を継ぐことにした。こんどは暖色系の染めが多いけれども、白と濃い青などが最初の玉と共通しているので、それほど珍奇な取り合わせにはならないはず。ともかく、編み上がった分とこれから編む毛糸を机にのせて作業をするのが楽なので、PCでは映画を流している。きのうはiTunesに入っている数少ない映画のうち、『ドラゴン・タトゥーの女』を観た。

 これを観るのは4年半ぶりなので、細部どころか大筋まできれいに忘れていた。若年者に対する虐待、合法と違法、生き延びるための選択。スエーデンにクリスマスがきて、一年が過ぎ、またクリスマスが巡ってくるまでの季節の推移と、1966年からおそらく21世紀初めまでの膨大な時の奔流。ヘンリクのもとへ毎年匿名で送られてくる押し花に託されていたのは、その一年一年のハリエットの大叔父さんへの思いだった。

 

ドラゴン・タトゥーの女 (字幕版)

ドラゴン・タトゥーの女 (字幕版)