ぴょん記

はてなスターはじめました 2022/04/19

芋も干涸らびる寒の末

 昼に吉野家の牛丼を食べて、やっと確信をもってクラシルさんのレシピで牛丼を作れるという境地に達した。だから、夜は、家族のためには、残っていた牛バラ肉でクラシルさんレシピの牛丼を作った。まあまあよくできた。そして、自分の食事は、2週間ほど前に2本取り寄せた大きなサツマイモの残っているのを圧力鍋で蒸かして食べようと思った。

 前回と同じで、洗って三つに切ったサツマイモを蒸しかごにセットして水を入れて加圧10分。鍋内の圧力が自然に下がったあと、開けて芋を取り出せば簡単に食べられるはずだったが、芋中央部に向かって挿した菜箸に抵抗感があった。ペティナイフで割ってみるとやはり明らかな未調理の部分がある。涙をのんで、水を加えて、さらに加圧3分。前のサツマイモとの違いは、届いてから食べるまでの時間のみに思える。乾燥して水分を失ったがために、火が通りにくかったのかなと首を捻りつつ、それでも、最近のサツマイモは、とても甘い。

f:id:e_pyonpyon21:20120927160250j:plain