ぴょん記

食べる、遊ぶ、学ぶ。

騙されてみる快さ

 タイトルは、時代小説を読む立場に限ったはなしで、もし、現実の世界で詐られていることに気が付いたら、それはもうほろ苦くて、快さなど感じるいとまはないことだろう。

 ある閉ざされた屋敷に7人の女性がいる。そのうち3人は、女中。3人は奥方で、残りのひとりは幼い息女である。緒方洪庵適塾が大坂で勉強好きな若者を集めていたころ、豊後の小藩の町医の娘が、その適塾に女ながら遊学する許しを得ることの条件として、その屋敷に住み込みの医者として潜入することを命じられる。7人の女たちのうちの女中を除く4人は、上意討ちで滅びた藩主の一門の妻と娘である。藩としての処分のいまだ定まらぬ家族の4人と、女中の3人に、藩の上層部はひとつの懸念を抱いていた。

 

風のかたみ

風のかたみ

 

 

 朝食 パン、マーマレード、ハムエッグ、ヨーグルト、コーヒー

 昼食 フライドチキン1個、ビスケット1個

 夕食 カップ麺1個、茹で小松菜、プチトマト

 

 あとから、とちおとめ。