ぴょん記

食べる、遊ぶ、学ぶ。

寒の戻りの小さいほう

 今年の3月の気温は記録的に高かったそうで、だから平年並みに戻ったといわれる今月に入ってからの寒さが身に沁み……ないわけでもない。ところで、はてなブログは、「購読リスト」の左横の小さな絵をいじったり、もしかしたら、この記入欄のフォントを小さくしたり、マイナーチェンジを繰り返しているのかもしれない。それよりも、記入欄そのものの画面上の割合を大きくしてくれるほうがよほどありがたいのだけど。

 池辺葵『私にできるすべてのこと』は、ヒト型AIが一世を風靡して、そして廃れた近未来を描くSFである。NHKでの連続ドラマは観なかったが、『プリンセス・メゾン』で、現代を生きる人、とくに女性と住居との関わりについて、希望のある見通しを提示してみせた池辺葵さんが、ヒト型AIと人間の入り交じる、夜の長い町での暮らしを描く。皆に顔と名があり、長かったり短かったりする生活誌がそれぞれ付属している。相互の思いは淡くて、大風呂敷も広げず、でも、確固たる信念はある。哀愁も漂うが、それはそれとして、頼もしい未来である。

 

私にできるすべてのこと (文春e-book)

私にできるすべてのこと (文春e-book)

 

 朝食 パン、ヨーグルト、コーヒー

 昼食 ごはん、ハンバーグ、小松菜、味噌汁

 夕食 ごはん、小松菜、キャベツ、豚肉生姜焼き