ぴょん記

上古文学、外国語、数学、調理、編みもの、縫いもの、競争法

二重か一重か

 瞼のはなしではなく、家庭紙(トイレットペーパー)のシングルかダブルの別が、ここでの話題である。

 宅は、わりとがらがらと無頓着に引いてしまいがちなこともあり、シングルロールを常用している。これは、両方、西日本の育ちという理由もあるかもしれない。芯の入っていない最後まで使えるものや、生協で長めに巻いてあるのとか、製品選びでは、とにかく交換回数が少ないことを重視しているので、紙自体が一重であることも大切な要素なのだ。

 ところで、いまだに紙の新聞も購読している日経の扱いはASAという朝日新聞売店で、こちらがサービスの一環として手掛ける古紙回収で置かれていくのは、ダブルのロールである。このロールが20巻きほど溜まってしまったので、しばらく辛抱して使っていたのであるが、シングルより早く芯が見える頼りなさに、いつそれが尽きてしまうのか不安になって、ダブルの予備にシングルを1パック取り寄せてしまった。

 

  紙質には拘りはありません。