ぴょん記

食べる、遊ぶ、学ぶ。

眠くて眠れず寝たが寝たりない

 だいたいこの時期、こういう状態になることが多いようで、わたしは、夜の間にしっかり眠れず、午前中や午後の早い時間に仮眠をとって眠る時間を補う傾向がある。

 もっともここ2年ほどは、リモートワークという名の、「ここはたしかに自分の家だけど一定時間は一部よその会社の租借地」現象が発生しており、働いている人を尻目に寝るという体裁の悪さを感じつつ、しかし身体は我慢が利かずにやはり眠ってしまうのである。

 ちょっとした物憂さが心を伸してしまって、起き抜けに涙を流したりしている。

 

 

 葬式のときに締める帯に大きなダリアの刺繍、と聞いただけで、浜松の料亭を舞台にしたドラマ『隠れ菊』を連想するとは、なかなか。