ぴょん記

大根のおいしい季節ですね。

手数料を支払うための手数料

 ちょっとぼやかして書くと、改製原戸籍謄本が1通必要になって、住民票を置いている自治体ではない市の役所の市民課にまず電話で問い合わせをした。懇切丁寧に郵便での請求に必要な書類等の説明を受けた。便箋にこれこれを書いてなになにを同封して、と聞いたけれども、上に書いた謄本の他にも必要なものがあり、すべて手書きにすると日が暮れそうなので、一太郎で書いてUD教科書体のどれかのフォントにしてプリントした。

 さて、各謄本等の発行手数料が合計で2500円くらいかかる。それはいいのだけど、「為替で」という指定である。郵便局にいって、うっかり定額小為替を組みそうになったが、手数料の関係で為替を勧められたのでそれに従った。高額のはわからないけど、300円とか1000円とかの定額小為替は、1枚200円の手数料が掛かる*1。今回は3枚の定額小為替で組むつもりだったので、合計600円だ。一方、為替で2500円くらいならば手数料は550円で済む*2。それにしても、各謄本等の発行手数料を支払うための手数料が550円か600円かかかるようではかなわぬ。市役所が都銀かゆうちょ銀行の口座を指定してくれていて、そこに手数料を振込できるのならば、手数料は110円か220円で済むのに。為替を手に入れるために、最寄りの郵便局に、わざわざ足を運ばねばならないのも地味につらいね。

 もっというと、市役所の市民課のホームページに、委任状や請求書の様式のPDFファイルがリンクされていたら、かなり便利なんだけど。なにより電話口で説明する回数が減って、職員さんその他のスタッフさんが楽になると思います。

郵便局のロングセラー商品 つぶらなカボスと仲間たち|郵便局のネットショップ

 ついでに4本組のつぶらな飲みものを窓口で買って帰りました。

 

 うちは、多分、19日ぐらいに届く予定。

 

 

*1:全金種共通。

*2:送金額5万円未満の場合。送金額5万円以上ならば手数料は770円。