ぴょん記

食べる、遊ぶ、学ぶ。

夜中に仕掛けておく

 あいかわらずトマトの季節になると、未明に起きてはトマトを2つに割って、蔕の部分を切り取って塩を振ってがぶりと食べている。

 きのうはそれよりも前、寝る前に。先日のビフカツに全体の45パーセントほど使った牛肉の小さなかたまりを冷蔵庫から取り出し、塩と胡椒を揉み込んで常温に戻るのを待った。待っている間に夕餉につかった皿の洗って笊に上げておいたのを布巾で拭いたり麦茶を作ったり。だいたい常温に戻ったと思ったら戻ったことにして、ティファールの小さな朝食の卵用のフライパンを熱々にして、オリーブオイルを熱し、肉の各面を焼き付けていった。税込500円分くらいのAugust74で作る小さなローストビーフ。焼き色がどの面にもついたら、火を止めて、アルミホイルを被せて朝までそのまま。

 そして、朝。顔を洗ったばかりなのに、大きな包丁でローストビーフを薄く、できるだけ薄くスライスするのに集中していた。食べるものに対する執着にはわれながら恐ろしいものがある。こちらはほどほど薄めにスライスして焼いたソーケシュ製パンさんの食パンと一緒に、朝からローストビーフを食べた。

f:id:e_pyonpyon21:20200507000627j:plain

宅配で届く食品は手書きでメモにしておく

 August74は、イオンさんのネットスーパーで購入しました。