ぴょん記

はてなスターはじめました 2022/04/19

はてなスターをありがとうございます

 昨日、試験的にではありますが再開したはてなスターについて、さっそくはてなスターを付けてくださいまして、ありがとうございました。わりと身体が弱いので、はてなハイクとかはてなスター*1とかはてなブックマークに適時適宜適当に対応できないことが多いので、それらのサービスからは距離を置いていたわけですが、今回、はてなスターだけは戻ってみようかと思いました。

 さて。

 NHKである女優さんがトマトの調理法を紹介していたそうで、せんの日曜に、それを夫が実践した。90mlのオリーブオイルを熱して、まずはにんにくを熱し、次いで大きなトマト2個をダイスにカットしたのを強火で炒める。すると、日本のトマトは水分が多いので、油とともに熱するにつれて乳化作用が起こる。それを塩を加えたお湯で茹でたスパゲッティに絡めるというものだった。

 熊本から取り寄せたトマトはまだまだたくさんあったので、洋風の野菜炒めには、同じ手法をとることにした。すなわち、さきにスライス人参を5分茹でて、新玉葱やピーマンと一緒に炒めてボウルにとっておく。豚肉を刻んでフライパンで炒め、そこに多めのオリーブオイルを入れてどんどん熱する。その中にダイスにカットしたトマトを入れてざくざく炒め、ボウルの野菜も一緒にして、塩と胡椒で味を調える。まあ、ふつうにおいしいのができた。でも、量が多かったので残って、おとといのカレーの鍋に合流した。

 そのあと、桜吹雪まんじゅう*2を食べて、数時間後に、プリンを食べた。今回のプリンは、キッコーマンのレシピで作り始めてから4回目。卵と牛乳は、レシピの半量を使って、圧力鍋の加圧時間は、3分15秒。6時間も冷蔵庫で冷やしたこともあって、わりとよかった。きび糖も相当少なくできた。10日に1回ぐらいは作って、安定したのをいつでも用意できるようになりたい。

ノートがどんどん小さくなる。

 ウクライナで敵方に身柄を押さえられた同国の国民が強制的にロシア側の兵員として戦闘に参加させられているという報道に暗然としながらも、きのうの調理のことをブログに綴る。それを強いて後ろめたく感じる必要もないし、日常生活の継続が侵略への加担を意味するわけでもなければ困窮する人々を見捨てるのと同義ともいえない。いまは、この暴力を止めることができないという無力感にそれぞれ何万回ずつも殴られながら、他者を踏みつけにしない側に立ち続ける努力を続けるしかない。

 でも、「わたし」は、ほんとうに、踏まないほうに立っているのかな。

 

*1:はてなスターコメントを含む。

*2:ヤマザキ製パン・税込95円。