ぴょん記

お暑うございます。

月曜午前のメガストア1階

 近所に、「アコレ」という名のイオン系列の廉価スーパーがある。開店したのは、一昨年の夏だったろうか。そこから1キロもないところにある、アコレの他店で栃木産トマト大きいのが8個入り税別198円*1だったことに味をしめて、日曜に自宅最寄りのアコレに寄ってみた。大きなトマトはたしかに税別198円だったが、埼玉県産で4個入りだった。ありていにいえば、先日の倍の値段だ。それでも安価であることには代わりはないので、1パック買った。らでぃっしゅぼーやなら、トマト1キロ、そうだなあ、千円はしない、おそらく千円はしないことは確かだ。夏場ならば。

 行きつけのメガストアであるジャス子は、毎週火曜日に大売り出しだ。それにもかかわらず、月曜の午前に食料品を買いにジャス子に来る客というのは、品揃えがあまりお得でないように見えても買う人が多いのだろう、つまり、金持ちか他の何か。乳幼児を連れた若い女にそれほど若くもない女、カップル、中年以上のおひとりでご来店の男女、店内を、半分ほどはカートを押しながらそぞろ歩く。

 わたしもひとり、カートを押しながら、安くなっている串団子や安くなっていないかつをの腹身などを次々に籠に入れていった。なんとなく店舗の入り口の近くにあったwaonのチャージャーが目に入ったので、日本航空との提携カードに予めお金を入れておいた。JALのマイル、少しくらい貯めたとて何になるだろうかと思うけれど、先日のジェットスターの大分行きに成田で空港第二ビルから第3ターミナルまで構内バスがあるのも知らずに延々600メートルほども歩いたことを思うと、ナショナルフラグの有難みが身に沁みる。たとえ日本航空といえど、幹線を除けば、九州の田舎空港への便に乗るには羽田空港のビルの中でけっこう歩かされるけれど、あんなダイレクトに外気温が身体に迫る環境下でのウォークではない。冷暖房完備の、ところどころは動く歩道も設置された何百メートルかである。とりあえず、これからは、ジャス子関係はJALの提携カードにチャージして払うことにする。

 ああ、自分で書いていても、なかなかむずかしいおばさんだなあ。わたしは。

f:id:e_pyonpyon21:20190612102901j:plain

アコレのトマト

f:id:e_pyonpyon21:20190616160102j:plain

シーフードのドリアらしい

 

*1:これが写真のトマト。