ぴょん記

食べる、遊ぶ、学ぶ。

寒いと胃腸がストライキ

 きのう、カツを3切れと、カレーをごはん150g相当食べた報いなのか、明けて今日は、まったく食欲がなくて眠気ばかりが強かった。カツとカレーは順調に食べられていくものの、わたしはついに手を出すことなく、さきほど16切れすべてが台所から消えた。肩でもなんでもロースはおいしいし、ヒレもよいと思う。ただし、わたし自身はもう、柔らかい部位をほんの少し、なまの肉でいうと80gぐらいしか一度に食べてはいけないのだろう。

 ある若い禅僧のかたが書かれていたエッセイで、獣肉や魚を断った食事で日を送ることの清浄が讃えられていた。どうしてもやめられないものなどなにもないけれど、あえていえばヨーグルトを辛抱しなければならないとしたら、少々つらいかもしれない。獣肉の焼いたり煮たりしたのや、魚の刺身や鮨のたぐいは、やめたほうがよければやめるかもしれない。その場合はきっと大豆製品と芋類をたくさん摂ることになるのだろうな。