ぴょん記

食べる、遊ぶ、学ぶ。

ローストポークを焼く日

 同じ675gで届くにしても、豚の肩ロースブロック肉は、同じく豚のバラブロック肉よりも、約500円ほど高い。でも、駅前のとんかつの専門店でロースカツ2枚テイクアウトすれば1000円超えてしまうという言い訳が脳内で援用されて、まあいいかと取り寄せる。

 この肩ロースブロック肉を厚めにスライスしてトンテキにしてももちろんおいしい。なにしろ、ロースカツにもなる肉なのだ。(以下、ほとんど再掲。)。それを塊のまま、数時間掛けて常温に戻し、塩を塗り込んで、あまり時間を置かずにフライパンにオリーブオイルを引いて各面焼き付ける。このとき、脂肪の面から火を通すと、油が少なくて済む。胡椒も好みで。

 全面に焼き色がついたら、140℃に予熱しておいたオーブンで1時間焼いて、ひっくり返してさらに1時間焼く。オーブンの庫内で自然に2時間以上冷ましてから、適宜切り分けて、ラーメンの上などに載せてどうぞ。

 何度か作ってみて、塩は必須だけど、その他のスパイスはそれほど凝らなくてもいいし、むしろプレーンなほうがラーメンのスープの邪魔をしないと思うようになった。このレシピによるローストポークのよい点は、高温での調理ではないので、皮がぱりぱりになることはないけれど、まず失敗がないところだ。

f:id:e_pyonpyon21:20111130065725j:plain

スライムまんじゅう、発掘した。